施工事例

2021.12.15大阪市西成区

千本北小学校グラウンド改修工事

千本北小学校のグラウンドを当社のグラウンド改修工法「ナノソイリー工法」と専用マシンを用いてグラウンドの石を除去する「ロックシェイカー工法」の複合工法で改修工事を行いました。
最初にレーザーセンサー付きブルドーザーでミリ単位の勾配修正を行い、グラウンド全体にナノソイリー素材を散布します。ナノソイリー素材は経年劣化したグラウンドの土の透水保水効能をパワーアップさせることができる改良材です。雨上がりのぬかるみ、霜・埃を抑制し高品質のグラウンドを実現します。

散布したナノソイリーをテーラーアタッチメントで撹拌・混合し、ロックシェイカーマシンで表層の石を除去します。カンナカッターアタッチメントで表面の不陸整正を行い、グラウンドマットで表面仕上げを行います。散布専用マシン、スプリンクルスプレッダーで化粧砂と表面土壌安定剤ソイルプロテクトを散布して改修工事が完了いたしました。

当社のグラウンドを改修する技術は今回のナノソイリーのみならず、短期間の工期でグラウンドをリサイクルするGR工法、劣化したグラウンドを新設同様の状態にまで改修するフェニックス工法など様々な特徴を持つ当社独自の工法で高品質なグラウンドをお客様にご提供しております。
グラウンドの改修・整備のことはぜひ青野スポーツ施設までお問い合わせください。

関連記事