施工事例

2020.06.12兵庫県明石市

明石商業高校野球場改修工事

2019年甲子園春夏ベスト4の甲子園常連校、明石商業高校の野球場内野部分の改修工事を施工しました。着工前の調査では内野の黒土箇所全体的に固く、雨水もほぼ表面を流れている状態だと判断しました。強豪校らしく選手たちによる整備が綺麗にできていますが、各ベース付近、セカンド・ショートの守備位置付近に不陸が発生していました。黒土箇所はかなり固くなっており、スライディングすると怪我の恐れがあります。

今回はGR工法Ver2で内野黒土の不陸、水路の解消、黒土をほぐして固さの軽減を行います。お客様にヒアリングを行い、黒土表層土の事前調査・測量を入念に行いました。もともと多目的グラウンドだったところに黒土を入れて使用していたためか、黒土の厚みが30〜70mmと均一になっておらず、全て同じ高さでほぐしてしまうと、黒土の厚みが薄い部分は下地の真砂土の層に達してしまうので、測量の結果を受けて、厚みの少ない部分に黒土を補充し、厚みのあるところは入念に土をほぐして十分な下準備を整えてから、勾配修正、補充箇所の転圧を行いました。

テーラーアタッチメントで表層黒土混合土をほぐして行きますが、黒土の厚みによって高さを調整し、黒土の厚みが薄いところは機械で掻き起こしをせず、人力で補充・掻き起こしを行いました。下地の真砂土、石が出ないよう細心の注意を払って作業したので非常に時間と手間がかかる工事でした。

表層黒土混合土の掻き起こし後は3tタイヤローラーで転圧、カンナカッターアタッチメントでの不陸整正、グラウンドマットでの表面仕上げと通常通りの作業を問題なく行えました。最後に表面土壌安定剤ソイルプロテクトを散布して施工完了となりました。

綺麗にリニューアルしたグラウンドで技術を磨いていただき、8月に甲子園で行われる高校野球交流試合では明石商業高校野球部の皆様の活躍を期待しております。私たちは野球だけではなく、サッカー、テニスなどあらゆるスポーツ施設のお悩みは専門業者の青野スポーツ施設までご相談ください。

採用工法

関連記事